カテゴリー
Tools

実験用電源の作製12

 デジタル部のレギュレータ出力の様子です。7812、7805それぞれ近い値が出ています。保護のためにダイオードを入れるとピッタリとした電圧にならないです。

カテゴリー
Tools

実験用電源の作製11

 レギュレータから出ている電圧、逆流防止のダイオードがGNDと出力に接続されているため若干低い値です。

 プラス側の1/2の電圧

 マイナス側の1/2の電圧

 無負荷の状態のアナログ用電源の電圧です。概ね予定通りの値が出ています。

 負荷をつないだ様子です。

カテゴリー
Tools

実験用電源の作製10

実験用電源装置
実験用電源装置

 ブレッドボード上にACアダプターから19V入力しアナログ用電源±6V、デジタル用電源5V・12Vを出力できるように部品を組み込みました。

カテゴリー
Tools

実験用電源の作製9

 手持ちの抵抗の中でワット数の多いものを並べて実験用の負荷にします。直列・並列を組み合わせて電源装置の能力を検証します。


 ですが、手持ちのワット数の大きそうな抵抗器だったのですが発熱が大きく異臭までするのでもっと大きな抵抗器を入手しました。

カテゴリー
Tools

実験用電源の作製8

 実験用なので金属ケース入れないでブレッドボードのまま使用するためには放熱器を工夫しなければなりません。金属を加工する腕も設備も有りませんのでアルミ缶かアルミホイルで何とかします。

ダブルクリップでアルミ箔を留める
ダブルクリップでアルミ箔を留める
ダブルクリップでアルミ箔を留める
ダブルクリップでアルミ箔を留める
ダブルクリップでアルミ箔を留める
ダブルクリップでアルミ箔を留める

 100cm位の長さのアルミホイルを長い方の中心線で二つ折りにしダブルクリップの中サイズの幅位で蛇腹にします。ハリセン状に出来たらレギュレータの金属部分に被せてダブルクリップ中で上から挟みます。

 更に両脇をダブルクリップ小で押さえ込み密着度を高めます。

 使用する時は蛇腹を広げて、しまう時は閉じて曲げればコンパクトになり便利かもしれません。百均で揃うし余っても家庭で使えるので無駄にもならないと思います。後は能力が有れば申し分ありません。


※放熱器とレギュレータの間の絶縁を忘れていました。