カテゴリー
Free

第五世代コンピュータ 004

 アプリケーションの機能と構造を分けるためにメッセージを使って機能同士を連携させ自身で解決できない問題は演繹システムに助けを求めると理解しました。

 ではその演繹システムとは何か探検してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です