カテゴリー
情報科学

離散数学

岩波講座 情報科学17 1981年発行

$$
C=\{x \in GF(2)^n \mid Hx^T=0\}
$$


$$Hx^T=0$$
をパリティチェック方程式という。

パリティチェックは知っていました。

ITの基礎には離散数学があるというのが窺い知れた部分です。