カテゴリー
Books

数値計算の基礎と応用

数値計算の基礎と応用
数値計算の基礎と応用

誤差、関数計算、方程式、線形・非線形、微積分、行列などの計算方法が詳しく解説されています。数式→フロー(アルゴリズム)→プログラムの流れがようやくわかりました。数式の多くは無限に対応しているのでそのままではコンピュータでは計算できません。条件として精度、範囲、回数を有限にすることによってアルゴリズムができプログラムが作られます。数式を機械的に変換すればいいのではなくアルゴリズムまで持っていく知恵が必要だったのです。