カテゴリー
Books

通信の数学的理論

通信の数学的理論
通信の数学的理論
情報源    
↓ メッセージ    
送信機    
↓ 信号    
雑音源
↓ 受信された信号    
受信機    
↓ メッセージ    
受信者    

 狭義の通信のみならず情報を処理するあらゆるところに適用できるモデルです。


 2021.04.07 信号処理とシステム制御 を読もうとしたのですが難しくてわかりませんでした。なのでここに戻って勉強し直します。

 2021.05.20 なんで最初に確率の話が長々と続いているかわかりました。通信する「情報」を数学的に表現すると確率論になるようです。

まえがき
$$
\log_{ 2 } M= \frac{\log_{10} M}{\log_{10} 2}=3.32 \log_{10} M
$$

離散的無雑音システム
$$
C=\displaystyle \lim_{ T \to \infty } \frac{\log N(T)}{T}
$$

$$
N(t)=N(t-t_1)+N(t-t_2)+\cdots +N(t-t_n)
$$

$$
X^{-t_1}+X^{-t_2}+\cdots +X^{-t_n}=1
$$

$$
C=\displaystyle \lim_{ T \to \infty } \frac{\log AX^T_0}{T}=\log X_0
$$

$$
\begin{vmatrix} \displaystyle \sum_s W^{-b^{(s)}_{ij}}-\delta_{ij} \end{vmatrix}=0
$$