カテゴリー
Future tasks

フラクタル次元と認識

ボックス法によりフラクタル次元を求めトポロジーと組み合わせれば認識に使えるかもしれない。(2018.12.3)